パブリックリレーションズ(広報)におけるホームページの役割

ホームページは伝えたい内容を、伝えたい相手に的確に届けられるよう情報をマネジメントしていくツールです。

広報のホームページの役割としてとソーシャルメディアおよびマスメディア(新聞等)の関係を理解し、情報をマネジメントしていくことを知っておきましょう。

自社(団体)のホームページ

事業・サービス・活動・CSRなど情報を公開します。

また、わかりにくい「経営理念」「事業計画」「地域貢献」といったことを説明していくツールです。

マスメディア

新聞・TV・ネットで客観的に取り上げられ、伝えられる社会的評価。宣伝のための広告ではありません。

意図としない情報が発生する場合があります。

ソーシャルメディア

twitter、facebook等。ツイートや「いいね」といった、瞬時に拡散されていく、いわゆるクチコミです。

ホームページとマスメディア

マスメディアで紹介された情報を自社メディア(ホームページ、SNS)で正しく伝える。

マスメディアとソーシャルメディア

マスメディアで紹介された情報をソーシャルメディアで拡散する。

ソーシャルメディアとホームページ

ソーシャルメディアでの誤解を自社メディアで正しく伝える。

pr_web

情報の出所として自社のホームページが介在していることです。タイムリーで正確な情報が公開されていることが求められます。

バッドコンディションだったゴールデンウィーク2016

今年のゴールデンウィークはカレンダーどおりだと3日4日5日の3連休がお出かけのピーク予想で、シーカヤックのお客様も予約が多く入っていました

ところが、アンラッキーなことに低気圧の影響で海のコンディションが悪化
漁師さんにも恐れられる南風が吹き荒れ
海のカヤック運行は残念ながらキャンセルとなってしまいました

“バッドコンディションだったゴールデンウィーク2016″の続きを読む